女性

マンションで利益を

夫婦

投資用マンションで利益をあげる方法は、売買の差額で収益を出すキャピタルゲイン方式と賃貸物件で家賃を得るインカムゲイン方式があります。今の日本ではインカムゲイン方式が主流です。投資用マンションを購入する前に周辺の不動産情報と人口の増減を確認しておくことが大切です。

もっと詳しく

投資手法と講師の選択

講義

不動産投資には3つ手法があり、メリットデメリットがあります。投資手法全体を知りたいのかそれとも自分が選択した投資手法を知りたいのかで受講する不動産投資セミナーを選択するとよいでしょう。また、講師も金融系と不動産系では得意とする内容が異なるので自分が何を知りたいかを明確にして受講するとよいでしょう。

もっと詳しく

使い分けて投資を

貯金箱

種類が豊富

上場不動産投資信託の種類が多様化してきました。そもそも上場不動産投資信託は収益物件を保有して賃貸し、その賃貸収入から経費を差し引いた利益を投資主に分配するというものです。この運用対象となる収益物件が何であるかで、上場不動産投資信託の性格が決まります。上場不動産投資信託が登場した頃は、オフィスビルやマンション等を対象としたものがほとんどでした。それから少しずつ投資対象が広がっていき、商業施設や物流施設、ホテルなどに投資をする銘柄も登場し始めました。最近では、介護施設や旅館、温泉施設などに投資をする銘柄や、海外の収益物件を組み入れ対象としている銘柄も登場しています。直近では50を超える銘柄が取引されています。

短期で利益を上げる

上場不動産投資信託が保有している収益物件は、どれも個人で投資をしようとすると投資額の大きさや管理運営の難しさから、手を付けられないものがほとんどです。つまり、個人が投資する収益物件とは異なるレベルの収益物件で運用をしているのです。そのため、中古ワンルームマンション等に投資をしながら上場不動産投資信託にも投資をすれば、運用の幅を広げることになり、分散投資につながります。上場不動産投資信託は実物の収益物件よりも売買を容易にすることができ、しかもコストもほとんどかかりません。そのため、投資口価格が少し動いただけでも、キャピタルゲインをしっかりと得ることができます。短期売買を上場不動産投資信託で行い、長期保有は実物不動産で行うと割り切って投資をするのも良いです。

専門業者に頼もう

男性

使用していない物件を他人に賃貸することをリロケーションといい、賃貸料を取るサービスのことを言います。借主を見つける作業や、借主とのトラブルに対応するために最初から専門業者に依頼することもできます。築年数がある程度経過している物件の場合には、火災警報器を設置する必要があります。

もっと詳しく