マンションで利益を|収益物件で将来安定|老後の心配事が無くなる
男性女性

マンションで利益を

夫婦

投資用マンションとは、住むために購入するわけではなく、利益を設けるために購入するマンションです。投資用マンションでの利益の出し方は大きく分けて2つあります。1つ目は、景気や需要によりマンション価格が変わることを利用した、安い時に買って高い時に売るというキャピタルゲイン方式です。2つ目は、賃貸物件として家賃を得るインカムゲイン方式です。今の日本ではキャピタルゲイン方式で収益が上がることはほとんどなく、主にインカムゲイン方式が行われています。ただ、大きな道路や大きな駅が作られるとその周辺の利便性が高まり、人が流入してきます。それが事前に分かっていれば、キャピタルゲイン方式でも利益を上げることができます。

インカムゲイン方式の投資用マンションを購入するときは、家賃をいくらにすれば何年でもとが取れるかを計算しなければなりません。当然、空室期間も想定しておくべきで、さらにオーナーとしてのメンテナンス料や税金などの支出も考えます。投資用マンションをローンを組んで購入するのなら、家賃収入が返済額より上回らなければ赤字です。とは言っても、周辺の家賃よりも高くなると借り手が見つからなくなります。また、周辺の賃貸物件に空室が目立つようならば、家賃を大幅に下げなければ借り手が見つかりません。現在の日本は人口が減少している最中なので、部屋を探している人数よりも物件の方が多くなっている地域もあります。事前に周辺の不動産情報と人口の増減を確認しておくことが大切です。