専門業者に頼もう|収益物件で将来安定|老後の心配事が無くなる
男性女性

専門業者に頼もう

男性

専門業者に依頼する

リロケーションを活用することで、他人に使っていない住宅を利用してもらって賃貸料を取ることができます。住宅ローンの返済が残っているときには、返済資金として充てることができますし、空けている間の住宅の手入れを自分でしなくても良くなるなどのメリットがあります。賃貸経営をすることになりますので、借主を見つけることが大変な場合があります。そのようなときには代わりに借主を見つけてくれる業者に依頼する方法を選択できます。また、専門業者に依頼することによって、入居者が退去してくれないときにも対応してもらえます。賃貸契約では借主とのトラブルが発生することがありますので、専門業者に手続きを代行してもらうことでトラブルを自分で対応しなくても良くなります。リロケーションでは契約期間を満了したときに退去してもらう必要がありますので、最初から専門業者に依頼をしておくことも良い対処方法となります。

火災警報器を設置する

通常の居住用として使用してきた住宅をリロケーションするときには、物件の築年数について気になるポイントになります。物件の築年数がある程度経過している住宅であれば、火災警報器の設置を行う必要があります。火災警報器については2004年に法律が改正されて、それ以前までは設置の義務付けがありませんでしたが、現在では賃貸物件では設置しておかなければなりません。マンションであれば管理組合が設置していることが考えられますが、一戸建て住宅をリロケーションするときには、住宅のオーナーが設置することになります。設置しないことで罰則があるわけではないですが、火災が発生したときに貸主の責任になりますので、設置しておくことをおすすめします。